PERSON01

YUTA FURUYA 古屋 優太
技術部 アクチュエータ技術課
furuya1

2017年入社

●工学部 機械工学科卒業

設計から開発まで。
新しいモノをつくる技術者

ある日のスケジュール
スケジュール
furuya2
  • furuya3
    入社から現在まで

    入社して3ヶ月間は研修期間です。様々な部署を回り、基礎を学びました。技術部に配属となり、弊社の主力製品であるバルブアクチュエータの企画、開発、設計に携わっています。現在は発電所向け製品の機能確認試験を担当。また、新製品AEアクチュエータ(電子制御式アクチュエータ)の開発プロジェクトにも参加しています。また、このプロジェクトは入社当初から一番やりたかった仕事なので、毎日が本当に充実しています。

    仕事の魅力を教えてください。

    まだ世の中に無い製品の開発に携われることです。便利で新しいものをつくるにはどうしたら良いか、高いレベルの挑戦ができることに魅力を感じています。特にAEアクチュエータは高い機能性とコストダウンが課題。自分で考えたものをチームの皆と一緒に形にしていく作業にやりがいがあります。

  • furuya4
    大切にしていることを
    教えてください。

    向上心を持って取り組むことです。与えられた仕事をこなすだけでなく、自発的に何をすべきか考えています。例えば資料の修正。言われた資料を直すだけでなく、他の資料にも修正箇所が無いか自らチェックするようにするなど、教わったことや指摘されたことを応用し、次に活かすことも大事だと思います。

    日本ギア工業に入社した
    決め手を教えてください。

    工場見学をした際、現場との距離が近いと感じました。自分の知らない歯車や加工技術を目の前で見ることができたので、入社のイメージが湧きやすかったです。また、工場の現場は黙々と作業する印象を持っていましたが、日本ギア工業の現場は活気に溢れ、風通しが良さそうに感じたことを覚えています。入社後、自分自身が成長できそうな職場であることと、従業員の人柄。この2つが入社の決め手です。

  • furuya5
    入社後、印象に残っている
    エピソードを教えてください。

    これまで先輩と一緒に行っていた、開発プロジェクトに使う歯車の強度計算を1人で任されたこと。一人前として認められたようで、嬉しかったです。それから、初めて自分がつくった試験業務で使用する部品を手に取った時。ものづくりをする技術者としては、自分がつくったものを触りたいと強く思います。愛着が湧いて、今でも大切に保管しています。

    日本ギア工業で
    成し遂げたい夢はありますか?

    機械を中心とした製品の開発に幅広く携わっていきたい。今の世の中はIT化やAIの導入が進んでいます。私たちもこの流れに対応し、ITやAI分野の知識を深めて、もっと高機能な製品を生み出し続けたいと思っています。

就活で自分の理想は変わるかもしれない

  • furuya6
    努力していること、
    または挑戦したいことは
    ありますか?

    新しい技術を取り入れようと、情報収集を欠かさないようにしています。テレビやネット、専門メディアなどでの情報収集はもちろん、他社製品を勉強することも大事。なぜ、この形状なのか。なぜ、この素材を使っているのか。開発者の設計思想を考えていくことは、自分のレベルアップになります。

  • furuya7
    仕事のオン・オフの切り替えは
    どのように行っていますか?

    休日に趣味のサイクリングをしたり、友人と食事をするなどして、オン・オフを切り替えるようにしています。今は会社の住宅補助制度を利用しており、職場の近くで一人暮らし。プライベートの時間もしっかり確保できる環境です。

    就職活動はどのように
    進めましたか?

    大学で実施していた自己分析や面接対策を利用し、機械部品メーカーを中心に20社ほど見ました。部品の加工に魅力を感じていたので、会社の大きさや製品の種類ではなく、現場の楽しさを重視しました。

MESSAGE

  • furuya8
  • 就活生へアドバイス

    とにかく色んな会社を見て、積極的に工場見学をして欲しいです。就活をすることで初めて知ることもたくさんあります。自分が注目していなかった分野に興味が湧くかもしれません。そうすると、違うところに視野が広がっていきます。就活前に持っていた理想は変わるかもしれない。人から聞いた事やホームページの情報だけでなく、自分の目で見て感じて、深い就活をしてください。

  • 未来の仲間へメッセージ

    日本ギア工業は、現場が楽しく社員同士が切磋琢磨しながらモノづくりをしています。これは、自分が工場見学をした時から変わっていません。また、人の目には触れられないかもしれませんが、社会のインフラを支える大切な製品を生み出す誇りを持てる仕事です。ぜひ一緒に、日本ギア工業の技術者として、新しいモノをつくっていきましょう。

私たちは共に挑戦できる仲間を募集しています。

ENTRY プライバシーポリシー